わずかなすき間から家に侵入するこうもり撃退

subpage1

夕暮れ時にヒラヒラと住宅地の周囲を飛び回るこうもりは、ほとんどがアブラコウモリと呼ばれる種類です。家のわずかなすき間から侵入して、住みついてしまうのです。
家に巣を作られてしまうと糞による悪臭や細菌による感染症被害の心配がありますが、こうもりは多くの害虫を食べてくれる益獣の面もあるので鳥獣保護法で保護されている動物です。
殺したり捕獲することはできないので、こうもり撃退は家から追い払い、再び侵入されるのを防ぐのです。

こうもり撃退を始める前に、こうもりの侵入経路を確認しておきます。
追い出しても侵入口を塞がなければ、こうもりが戻ってきてしまうからです。侵入経路はエアコンのホースのすき間、換気扇、通風口、雨戸の戸袋、シャッターボックスなどがあります。


侵入口が手が届かない高い位置にあり塞ぐのが難しいときや、家が古く侵入口を塞ぎきれないときには、専門業者への依頼を検討するのが良いでしょう。



こうもりが繁殖して数を増えてしまうと、大量の糞で被害も大きくなってしまうのです。

こうもりを巣から追い出す作業は、夕方のちょうどこうもりが巣から出ていく時間に始めるのが効率的です。

巣から追い出して、エサを食べたこうもりが戻ってくるまでに侵入口を塞いでしまうので。
こうもり撃退に効果的なのが、強烈なハッカの臭いがする専用の忌避スプレーです。



スプレーを噴射すると巣から慌てて逃げ出していくので、全て出ていったのを確認してから糞を片付け消毒して、パテや金網を使って侵入口を塞いでしまいましょう。



スプレーの臭いは数時間で消えてしまうので、再び戻ってこないように臭いに効果が持続するジェルタイプの忌避剤を置いておくのもおすすめです。